読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いつクリはてブロ

いつになったらクリエイティブするの?

緑色に輝く石の話

小説 ネタ 歴史

ある小部族の祭壇には、緑色に輝く岩塊が祀られていた。
その怪しげな光は見る者を魅了したが、人々は畏怖の念を決して忘れることは無かった。
実際、代々祭壇を管理する祭司の家系は、奇形児や、奇病に侵され早死にする者が多く、それがまた御神体の神秘性を高めていた。
インドの「開拓者」たちがその石に魅せられたのも当然の事だろう。
しかし、その石を持ち帰った開拓者たちも、程なくして奇病に全身を蝕まれることになる。
やがて先住民の呪いの石として恐れられるようになったそれは、数世紀の間、多くの人々の手を渡り歩いた。

それが天然ウランを含む鉱石だと分かるまでには、1000年以上の時を待たなくてはならなかった。


というような話を勝手に想像しながらCivilizationボードゲームをやっています。

Sid Meier's Civilization: The Board Game

Sid Meier's Civilization: The Board Game