読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いつクリはてブロ

いつになったらクリエイティブするの?

アニメ『精霊使いの剣舞』に見るファンタジー系ライトノベルの系譜

偶然機会があって今期アニメ『精霊使いの剣舞』を観ることになったのですが、とても興味深かったのでまとめようと思いました。
皆さんもまずは1話だけでいいのでご覧いただきたい。



精霊使いの剣舞 第1話「剣と学院と火猫少女」 ‐ ニコニコ動画:GINZA

襲いかかるテンプレートの嵐

1話を要約すると大体こんな感じになります。

1.アバンで試合か何かの戦闘シーン
2.OP明けでいきなりヒロインの水浴びに遭遇する主人公
3.ヒロインが魔法で、制裁時の決め台詞を叫びながら制裁
4.ヒロインが主人公を変態呼ばわり
5.ヒロインを危険から救う主人公
6.弾みでヒロインの胸に直に触れる主人公
7.主人公がヒロインのパンツについて言及
8.学院長に呼び出されて姫巫女しかいない学園に来た主人公
9.魔王を滅ぼした伝説の剣を祀る祠
10.の剣と契約しようとするヒロイン
11.剣の精霊と戦闘、敗北
12.代わりに主人公が契約してその場を収める
13.契約は姫巫女しかできないはずなんだけど
14.歴史上唯一、魔王だけは男性として精霊と契約できたらしい
15.精霊を横取りされたので「あんたが私の契約精霊になりなさい!」

ここまでAパート

16.基本的に主人公をムチで縛って引きずるヒロイン
17.何故か日本風の名前の主人公
18.ヒロインも変わった名前らしい
19.意味ありげな主人公の左手の手袋
20.男が学院に足を踏み入れることにとても抵抗する剣士タイプのヒロイン2
21.にいきなり襲い掛かられる
22.ヒロイン2にも制裁用決め台詞がある
23.ヒロイン2は学院の騎士団の団長を務めている
24.学院長=『黄昏の魔女』
25.当たり前のように学院に入学させられる主人公
26.「学院長のご命令だから仕方なく君を案内しているのだ、勘違いするなよ!」
27.「うるさい! 私は認めない、男の精霊使いなど絶対認めないからな!」
28.宿舎としてさっき作られた掘っ立て小屋が割り当てられる
29.優秀な問題児が集められたクラスに編入する主人公
30.またパンツの話題でヒロインをからかう主人公
31.正式な精霊契約にはキスが必要らしいぞ
32.壁際に追いやってヒロインにキスを迫る主人公
33.当然のようにヒロインがそのクラスにいる
34.クラスメイトの面前で主人公を縛り上げるヒロイン
35.のムチが別方向からの攻撃により破壊される
36.ひと目でその攻撃を見破る主人公「氷のエレメンタルヴァッフェ!」*1
37.弓兵タイプのヒロイン3「わたくしの下僕にならない?」
38.主人公の取り合いを始めるヒロインとヒロイン3
39.を止めに入るヒロイン3のメイド(巨乳)
40.とのラッキースケベ
41.学院長になんか大会に出るように言われる(回想)
42.最強のブレイドダンサーが帰ってきたらしい
43.学院の屋根に降り立つ謎の少女

すごくない?

一言では語り尽くせぬ感動を味わいましたよ、このたった30分で。

ラノベ学園ファンタジーの系譜

言ってみればこの作品は2014年現在での学園ファンタジーライトノベルの末代で、これ以前に積み上げられてきた歴史の継承者であります。
この辺詳しくやると長くなるしちゃんとやろうとするとちゃんと調べなきゃならなくなるので省きますが、学園ファンタジーライトノベルは大体こんな感じの経緯で成立しています。*2

ファンタジーの源流(指輪物語など)
       ↓
ライトノベル」という言葉が
出来る前のライトノベル      近代的ハーレムアニメ成立 (90年代)
       ↓              ↓
      18禁PCゲーム(エロゲ)で融合、定番化 (00年代前半)                          ↓
      ライトノベルでの定式化(ゼロの使い魔)(00年代後半)      
                   ↓
              新たな形態の模索(現代)

これでもかというほどに詰め込まれたテンプレート的展開は、全てこれらの歴史の中で確立されてきた学園ファンタジーの第一話と言えます。
これはまるで、哺乳類が母親の胎内で育ち誕生するまでに魚類や爬虫類の特徴を経て哺乳類の体になるという反復説のようではありませんか?

このタイプのアニメは定向的な進化を遂げているため、直属の祖先が追いかけやすいという特徴があります。
(『精霊使いの剣舞』の原作レーベルはMF文庫Jであり、まさに『ゼロの使い魔』や『インフィニット・ストラトス』が直属の祖先と言えます)
ゼロの使い魔のアニメ1期放映からちょうど8年なので、この作品を観ておくことで、このタイプのアニメがどのような進化したのか、8年後にまた比較することができるはずです。
そのような観点からアニメを見ると、また違った楽しさがあります。
まさに今歴史の生き証人になっていると思うと、なんだかわくわくしますね。

*1:何度観てもここは大爆笑してしまう

*2:アバウト過ぎて怖い人に怒られそう:;(∩´﹏`∩);: