読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いつクリはてブロ

いつになったらクリエイティブするの?

『かのんの信仰あつめ』レビュー


DXRuby Advent Calendar 2014 - Adventar

DXRubyAdventCalendar参加者の皆様、お疲れ様です。
去年に勝るとも劣らないレベルの高い内容の連続に、今から恐れおののいています((((;゚Д゚))))

今年は何がすごいって伴流が次々に生まれてることですね。
一つは、一日目の記事「DXRubyでSTG製作8時間タイムトライアル」であおいたくさんによって作られたゲームがGithub上でバージョンアップされ続けているというもの。
aoitaku/8 · GitHub
もう一つは、それに触発されたのか、みれいゆーさんも8時間でミニゲームを製作、公開されたというものです。
期間中にさらに新たな流れが生まれそうで目が離せません。

ということで、この記事ではみれいゆーさんの『かのんの信仰あつめ』をレビューしようと思います。
ダウンロードは以下のリンクから。
のてう☆製作日記 ミニゲーム:かのんの信仰あつめ

いいところ

パッと見た感じ、そしてプレイしてみても、ちゃんとしたゲームになっている。
画像素材、背景素材、BGM、SEなどがちゃんと付いているだけでゲームに見える。
(私はこの辺をすぐサボるので、この真摯な姿勢を見習いたい。)
また、ゲームとしてもよく出来ている。
具体的に言うと、操作説明をチラッと見ておけば、ゲームに突入しても何をすればいいか(ゲームの目的は何か、何をすればゲームが終了するのか)がすぐ分かるようになっている。
これはゲームの基本デザインが過不足なく設定されているということで、画面下の表示とSE、画像素材がそれを補っており、全体として調和を生み出している。
「美しい」と表現できる完成度であり、よさがある。

気になったところ

敵の動きが今のところ一種類しかない(ように見える)のと、レベルが3段階しかない(?)ので、プレイ時間に対して少し単調かもしれない。
プレイ時間を短くするか、レベルの幅を小刻みにしてレベルが上がるたびに敵の動きが変わるなどにすると、飽きずに何度もプレイしたいゲームになる。

また、当たり判定について気になるところが結構あった。
具体的には、マウスカーソルの周りを自機がブルブルするので衝突したかどうかがはっきりせず、SEが鳴っているのに敵が消えていない場合が結構あった。
それに関係してか、箒を展開しても当たり判定の拡大が実感できない場合が多かった(そういう機能ですよね?)。
ここはアクションゲームである以上明瞭であった方が望ましい。

細かいところ

  • ブルブル震えてるので自機のイラストをよく見ることができない>< ちゃんと見たい…
  • タイトルや開始時のメッセージは大変分かりやすくて良いのだが、文字色が背景や画像素材と干渉して見にくくなっている箇所がある。
  • 当たり判定の点も相まって、箒がどういう意味があるのかが分からなかった。また、どうしたらレベルが上がるのか、レベルが上がったらどうなるのか、それらを一言ずつでいいので説明書に書いてあるとありがたかった。

まとめ

いくつか改善点はあるものの、既にゲームとして成立している以上、それらは些細な問題である。
その上で、8時間で作ったことを考えると、驚嘆という他ない。


偉そうなことを言っても私は基本的にこういう人間なので、実際に出来てるゲームとその作者には太刀打ちできない。

ゲーム作りたい。

リンク

みれいゆーさんの『かのんの信仰あつめ』はこちらからダウンロードできます。
のてう☆製作日記 ミニゲーム:かのんの信仰あつめ