読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いつクリはてブロ

いつになったらクリエイティブするの?

半年振りにRailsアプリをHerokuにデプロイするときのためのメモ

rails 技術

前書き

この記事は、例えば半年振りにRailsアプリをHerokuにデプロイする場合のように、半分くらい忘れている状態でデプロイしようとして引っかかりそうなところを列挙しておくものである。
適当に読みながら手順をチェックするためのものなので、詳しい説明などは省略する。

production環境ではpgを使うように

Gemfileに記述する。

heroku create

Heroku上にアプリを作る。プロジェクトのディレクトリでやるとGit周りの設定とかも勝手にやってくれるのでラクだ。

heroku logs

Herokuアプリ上のログを出力する。ぶっちゃけ役に立たないときは役に立たない

database.ymlの設定

heroku createしたときに勝手にデータベースを作ってくれるので、herokuに設定を見に行って、コピペする。

バイナリを作る

これをやらないと「バイナリが無いので起動できない><」というエラーが出る*1
やることとしてはコマンドを打つだけである。

rake rails:update:bin

アセットパイプラインを有効化

これをやらないとCSSやjsが読み込まれない。
config/environments/production.rbのconfig.assets.compileをtrueにする。

*1:間違った認識かもしれない、後で確認する(しない)